FPL写真貸出使用規定
ver 2006/5.5

 以下の使用規定をご理解の上ご利用いただくことをお願いいたします。またこの規定を受け取った、ご覧になった場合はこの内容について了承済みであると判断いたします。

貸出写真の管理について
 貸出写真の取扱いについては、常識的な範囲での十分な注意を払った管理・保管をお願いいたします。
 当方の手元に確実に返却されるまでは使用者の管理責任下にあるものとします。
 
検討期間
 使用・不使用のご返事は貸し出し日より10日以内にお願いいたします。

不使用写真の返却
 お使いにならない写真は貸し出し日より20日以内に速やかにご返却ください。
 
使用写真の返却
 使用決定後の使用期間は原則として2ケ月とします。ご返却が期間を越える場合、または予め使 用者が設定した予定返却日を越える場合には、期間延長をご連絡ください。期間延長を希望される場合は1ケ月5,000円の延長料金を申し受けます。連絡のない場合、または当方の督促にも関わらず予定返却日を提示いただけない場合は、当方の定める日より、一点に付き1ケ月10,000円の延滞料金を加算して請求させていただきます。

無断転用・流用の場合は、使用したものとして料金を請求いたします。
 未使用写真のマウントを外さないでください。外した場合は使用したものとします。

デジタル・マルチメディア関連使用時の注意
 デジタルでの加工、イラストの原稿、CGの原稿、等の使用も全て有料であり、当ライブラリーに無断でこれらの処理・加工ならびに素材としての使用はできません。当ライブラリーの写真を無断で素材として使用した場合のペナルティーは通常の無断使用の場合に準じます。

 CD-ROMなどデジタル写真集、カタログ等に使用する場合は、正規料金をお支払いのうえ、さらに以下の規定を順守してください。
・CD-ROM自体からいかなる方法によってもデジタル素材が取り出せない方式をとる。解像度は、
 72dpi、32000色、640X480ドットを超えてはならない。
・または様々なアプリケーションによって写真を取り出し加工できる形式の場合は、その解像度も、
 72dpi、32000色、640X480ドットを超えてはならない。これを超える高解像度データの収録は認めない。
 FPLでは版権フリーで反復使用が可能ないわゆる「デジタル素材集」の類への貸し出しを許可しません。
 
商品・付録を問わずあらゆるデジタル素材集(CD-ROM等)等への無断使用・収録を禁じます。無断で高解像度データを収録した場合、またはこのようなCD-ROM素材集等への無断流出が認められた場合、その写真のデジタルデータの供給元は全責任を負い、流出写真の全版権買い取り(一点\1,000,000以上)または製品・付録等CD-ROMの全品回収のいずれかの弁済を追うものとします。

所有権・著作権
 写真の所有権及び著作権・版権は全て小野里公成及びFPLに帰属します。当該写真に関して、全ての権利をお買取りになりたい場合は、ご相談ください。

使用範囲と使用料
 写真の使用は原則として各媒体において、一用途、一社、一種、一号、一版、一回限りの国内使用となります。再版及び同一用途でもデザイン、サイズ等を変えた場合は別途料金が必要となります。

使用上の格別の注意
 小野里公成ならびにFPL所属花火写真家以外の他のカメラマン、花火写真家(自称含む)の花火の写真、花火大会写真と:
一、同一平面空間内、同一ページ内、同一見開きページ内に同居させない(情報誌-ぴあ、Walker等-を除く)。
一、互いを合成(光学合成、デジタル合成)しない。
一、互いを部分的あるいは全部を問わず入れ子(一方の写真内に他方を入れ込む)にしない。

一、角版の別枠の写真としてポスター内に併載するのは構わない。
一、合成または組み合わせる写真が、観光的事物(建造物その他)である場合は構わない。
一、花火日程情報などで、いくつかの花火情報が同一ページ内、同一見開きページ内に混在する場合は同居を禁じない。
 
紛失・破損・汚損のペナルティー
 写真を紛失・破損・汚損した場合、すなわち商品としての再使用が著しく困難または不可能と当方が判断した場合は1点に付き最低200,000円(デュープ)の弁済金をお支払いいただきます。その料金は当方が判断するところの写真作品としての価値により設定させていただき、上限は一定ではありません。
 紛失・印刷所または運搬途中など使用者の当然管理しなければならない範疇での写真の紛失。発見の場合は弁済金をご返却いたします。
 汚損・薬品、油、煙草のヤニ、泥、マーカー、サインペン、ベース面・エマルジョン面への傷、指紋などによる汚損。
 破損・裁断、折り曲げ、穴開きなどの破壊。

クレジット
 使用写真には以下のいずれかのクレジットをご表示ください。
        
 写真・小野里公成  PHOTO BY K.ONOZATO
 PHOTOGRAPH K.ONOZATO  PHOTOGRAPH KIMINARI ONOZATO
 写真・FPL(当ライブラリーのロゴでなくても可ただし大文字) 
 FIREWORKS PHOTOLIBRARY  PHOTO BY FPL  
 PHOTOGRAPH/FPL      

 クレジットを落とした場合、また特に故意に落とした場合は別途割り増し料金をご請求いたします。

著作権
 当方では花火そのものおよび一つの花火大会全体についての商標権・著作権・利用権はもっておりません。また使用料金にはこれらの許認可料金は一切含まれておりません。使用に際し何等かの許可取得が発生した場合には、使用者において処理していただくことになります。また使用後これら諸権利に関しての紛争が生じた場合にも当方は責任を負い兼ねます。とくに花火大会主催者が民間のマスコミ関連の場合はご注意ください。
 この件に関して使用にあたっては当方では以下の点を推奨しております。
・当方のクレジットに加えて、できる限り次のクレジット・キャプションを記載する。
 花火大会名+年月日・製作または打ち上げ煙火業者名・玉名またはタイトル・主催自治体名。
・ただし以上を記載したとしてもパブリシティーが下りない場合があります。ご注意ください。

最低使用サイズの提案
 FPLの花火写真の美しさを最大限引き出していただくために使用サイズはできるだけポストカードサイズ以上でご利用いただくことをお勧めします。

返却の際のご注意
・整理の都合上必ず写真と同時にマウントをご返却ください。
・またご使用になった資料、キャプション類、媒体(CD-ROM、MO等)もご返却ください。
・郵送にてご返却の際は、使用ポジを厚紙に挟み、折曲厳禁とした上で、書留便にてご送付願います。返却最中のいかなる破損・汚損もまた弁済の範疇にあたりますのでご注意願います。
・掲載誌を1部ご提出ください。
・ポストカード類は最低各10枚ご提出ください。
・TV番組の場合は出演部分、写真使用部分だけでなく、使用した放映番組の全てを民生用ビデオテープ(VHS、S-VHS)あるいはDVDにおとして(ダビング)一巻一枚ご提出ください。
●FPLのTOPページに戻る
●INDEXに戻る