花火野郎の観覧日記2017

観覧日記その25 12/2〜
お台場レインボー花火 2016

  
東京都・港区

12月2日
  
  
 お台場も回数を重ねると新しい撮影場所もネタが尽きる。だいたい5回が5回とも台場からレインボーブリッジやましてやイルミや女神像を入れて同じような写真を撮るのかい?私はそれでは飽きるし、わざわざ交通費をかけて来ているのだからもっと写真を楽しみたい。今回はひとつは新しい場所を考えてあった。しかし初日にまっしぐらにそこに行って唖然とする。
 ストリートビューの錯覚。そもそもストリートビューはかなり「広角」で撮っているので、距離感を間違えやすい。対象物は遠ざかって小さく見えたり、間合いがたくさんあるように感じるのだ。そして現地に行ってみて、花火との間にある建物が「こんなに壁のように背が高いとは」と唖然とした。もっと遠くに低くあるはずと、錯覚したのだ。花火が見えないじゃんか。久々にやっちまったぜ。まったくの徒労。
 結局そこは使えず、別の場所にしようとゆりかもめで移動しながら考えた。とある駅の直前で「おおおーっ」と素敵な光景が車窓の向こうに広がっていた。ちょうど日没近くでその夕景も綺麗だった。最寄り駅で降りて早速そこに向かう。距離はあるもののこれは地図を見ただけでは思いつかなかった。
 あ り あ け き た ば し・・有明北橋か・・。三脚を建てる場所に制約(揺れるとか)があったがまぁまぁいい感じ。そして佇んで2時間ほど待った。なにせお店とか無い場所だ。ジョギングとか犬の散歩とか買い物帰りとか近隣の住民が通りかかるくらい。その一人のご婦人に話しかけると、あっちの方にカメラの人がたくさん居た、という。あぁ去年私が撮った場所ね。今回は他に誰も撮影する人も花火見物も居なかった。
 もちろん花火の出所は到着してただちに、MAPアプリで確認済みだ。そして実際もその通りだった。今年も台船位置はあまり変化がないようだ。打ち上げは曲打ちが多くなかなか華やかだった。毎回これなら楽しめるなぁ。新橋駅で遅い夕食をしてから帰る。
 
12月9日
  
  
 前回、開始を待っている時間中に、さらに別の場所を思いついた。それは芝浦のループ橋と同様にゆりかもめ線が花火の前を通過する構図が取れるポイントだった。
 界隈のストリートビューの写真が古く、細部までわからないので、実際に当日行って使えるか判断することにした。ダメならまた別の場所で。そこに着いてみると思い通りの構図が決められそうだ。待ち時間が短いように現着は17時30分くらい。なのでもう陽も沈んで先週のような夕景の時間は過ぎていた。
 「き や り ば し」・・木遣り橋か・・。橋の名前を平仮名で標すのはどうしてか。前回よりさらに500メートルほど間合いが延びるので画角は横で120ミリくらいか。縦で寄せると150ミリ以上とかそんな感じ。交通量の多い道路端なので、大型車が通っても揺れにくい場所をチョイス。長玉だから揺れには注意。
 花火の出る位置は計算済みだが、30分前と10分前くらいに雷が上がったのでより正確に射出位置がわかった。
 帰りはその方が近いから豊洲の方に抜けたが、ここはこんなに発展している街だったとはとびっくり。運河沿いにタワーマンションだか高層の建物とか大型ショッピング施設とか都会そのものの光景で、夜景だけ撮りに来てもいい感じだった。有楽町駅近辺で夕食して帰る。
  
12月23日
  
  

   
12月31日
  
  
 
   

INDEXホームページに戻る
日記のトップに戻る