2018/1/31  皆既月食の晩
 1月31日は、2015年4月以来約3年ぶりの皆既月食が観られる日だった。しかも今回の月は俗に「スーパーブルーブラッドムーン」と呼ばれ、1月22日に続き、一ヶ月に二度目のスーパームーンの満月。月に2回の満月があると2回目はブルームーンと呼ぶ。さらに皆既中の月は地球の影のせいで赤銅色に見えることからブラッド(血のような)ムーンとされる。これが一度に楽しめる希有な皆既月食だったのだ。
 ところが当日の天気予報は全国的に夜になって「曇り」。半ば観望はあきらめていた。夕刻月が昇ってくると既に雲の向こうでぼんやりと光っていた。それが19時を過ぎると快晴とまでは行かないが、薄い曇り空になり、雲の合間はすっきり夜空が見えるというコンディションになった。
 いよいよ月食が始まり、月が欠け始める頃から、皆既帯に入る直前まで良好なシーイングとなってその全貌を観ることができた。いよいよ皆既食になると見事なブラッドムーンがほぼ1時間続き、やがて元の月に戻る。残念ながら月食の終盤は再び雲が広がりぼやけた状態になったが、予報に反して各地で良好に観られたようだ。
 撮影にも挑んだが、現在は300ミリまでの長玉しかなく、とくにブラッドムーンはピント合わせさえ困難な状況であきらめて、対空双眼鏡で観望するだけに止めた。皆既前は小さい反射望遠鏡の直焦点で撮影できたが、皆既に入ると極端に暗いのでF値が大きく、かつ赤道儀も無い状態なのでアップでとらえての長時間露光は無理。今のところ天体写真の専門家でもなく、機材もないのでそれらはそっちのマニアの成果をネットなどで楽しむとしよう。
         

   
2018/1/23  久しぶりの大雪と水仙まつり

22日午後

どんどん積雪

20〜25センチの積雪

21日の日曜日には

23日大雪の翌日。かろうじて顔を出している。

権現堂公園内。左右は水仙の植生地

 関東地方は久しぶりの大雪。22日昼過ぎから、いきなり降雪で始まった。1時間ほどでみるみる積もる降り方で、これは大雪になると予感した。車を車検に出す前日だったので、何度も車と駐車場の出口だけ雪を退かした。気温が低いのか雪はサラサラで、翌朝になってもサクサクの柔らかい積雪だった。
 車検に出した後、近くの幸手市権現堂堤に向かう。つい先日の日曜に、恒例の水仙まつりを見物したばかりだった。雪と水仙のナイスな写真が撮れるかと思ったのだが、先日までは5分咲きほどになった水仙が楽しめたが、一転して23日は、好天にはなったものの背丈の低い水仙は全てが無惨に雪の下。探しまわっても雪の上に花が顔を出しているのは数えるほど。水仙まつりは2月12日までの予定だが、観光協会の公式ではこの雪で花が倒れてしまったりすると途中で中止になることもあると告知していた。
  
   
2018/1/14  春の先取り

 1月14日は、2年ぶりくらいで熱海海上花火大会に出かけた。海側から撮ってみたかったのだけれど、帰りの足が心配でこれまた久しぶりに車で出かけた。わかっていたことだが、交通費がかなりかかった。花火待ちしている駐車場所近くでは白や黄色のスイセンが見頃になっていて、やはり熱海から伊豆にかけては自宅回りとは気候が違うのだと思った。たまたま日中も暖かかったのだろうが、春の色合いに心が和んだ。
  
2018/1/10  戴いたお賀状

 おかげさまで、今年も煙火店や、花火愛好家氏からたくさんのお賀状をいただいた。次第に年始の挨拶もメールやLINEやそのスタンプで済む時代になって行く中で、こうして紙媒体のご挨拶が届くのはやはり嬉しい。花火の写真や航空機の絵柄のものを並べるだけでこれだけいただいた。もちろん花火以外の干支や昔ながらの賀状の絵柄の物も多くあった。これらを眺めながら今後の観覧に思いをはせ、未知の未踏の大会にできるだけ出かけてみたいが、はたしてどれほど実現できるだろう。私自身の境遇も大きく変化する年なので、そもそも花火観覧という幸せを享受できるかどうか。