花火関連メディア紹介 寸評:小野里公成
 夏は花火見物!とご計画の皆様は多いことと思います。もちろん花火は見るだけでも楽しいのですが、花火に関するウンチク(知識)が加われば花火観覧は何倍にも楽しくなるでしょう。あなたの花火観覧をひと味違った一夜にしてくれる花火関連メディアを紹介しましょう。いずれも解説書または研究・鑑賞アイテムとして重宝することと思います。書店・販売店に無いものもあるようです。その時は出版社・発売元へまたは図書館・資料館などでご覧下さい。
 「花火讃歌」以外の本、その他のメディアは各出版元・発売元へ問い合わせ、ご注文下さい。
注:以下の各メディアは記載あるものを除いては、全て当方で購入しての紹介であります。それぞれの紹介、評価は、マニアでない一般の読者でも質の高い花火関連の情報や映像を得るに適しているか?また花火に対する正しい知識や見識で良心的に制作がされているかどうか?という花火専門のこのページならではの観点で公平に行っています。そのため相当にマニアックな専門的な視点での評価になることもありますが、特定メディアや特定の著者に対する宣伝や意味のない誹謗・中傷ではありません。また寸評は名誉毀損に関わるため、推奨が難しい書籍・メディアについては、絶版などでの入手困難なものと共に「花火関連書籍リスト」での紹介にとどめています。
        
一般書籍・ムック(ガイド・旅行など)・児童書・小説
写真集・CD-ROM
BD・DVD・ビデオ・LD
パソコンソフト、シミュレーション、ゲーム
花火関連の定期刊行雑誌・新聞(国内/海外)

花火が登場する映画・テレビドラマ・アニメ
花火関連書籍リスト-このページに掲載したもの以外のメディアならびに過去の出版物(絶版含む)リスト。
両国花火資料館  
-隅田川花火大会をはじめとするあらゆる花火資料の展示、閲覧
新刊・新発売

ギンカムロ(文庫本)
美奈川 護(著)
648円(税込価格)2015/6/25発行
155×105ミリ 309ページ
発行元 集英社
ISBN-978-4-08-745329-4 C0193
  
 花火には、二つしかない。一瞬で消えるか、永遠に残るか。幼い頃、花火工場の爆発事故で両親を亡くした昇一は、高校を卒業後、一人東京で暮らしていた。ある日、祖父から電話があり、四年ぶりに帰郷する。そこには花火職人として修業中の風間絢がいた。十二年前に不幸な出来事が重なった。それぞれが様々な思いを抱え、苦しみ、悩み、葛藤していく。花火に託された思いとは。希望と再生の物語。

刹那グラフィティ(1)(コミック単行本)
木乃 ひのき(著)
627円(税込価格)2015/6/5発行
182×128ミリ 194ページ
発行元 講談社
ISBN-10: 4063807681、ISBN-13: 978-4063807684
  
 幼い頃のトラウマから自分を変えるため、故郷に戻った少年・刹那煌(せつな・こう)は、不思議な少年・如月銀河(きさらぎ・ぎんが)に出会う。彼は、幼い頃、魔法のように花火を操り、煌の心を強烈に動かした“魔法使いの弟子”だった! 銀河を追いかけ、花火の世界に世界に一歩を踏み出した煌の日常に“火”が灯り始めた……。 瞬き禁止! 花火のように熱き“刹那”を駆ける青春が始まる!!

一般書籍・雑誌・ガイド・MOOK

白菊 -shiragiku- 伝説の花火師・嘉瀬誠次が捧げた鎮魂の花(単行本)
山崎 まゆみ (著)
1,620円(税込価格)2014/7/17発行
186×132ミリ 251ページ
発行元 小学館
ISBN-978-4093883764
  
 日本一感動する花火の原点はここにあった。「三尺玉」「ナイアガラ」そして復興祈願花火「フェニックス」。
 日本三大花火大会の一つに数えられ、毎年百万人もの観衆を集める新潟県・長岡の大花火は、見ているだけで涙を誘われる“日本一感動する花火”とも評されている。
 なぜ、花火で泣けるのか?
「涙の理由」を知るべく、著者は、半世紀以上にわたって長岡花火を打ち上げ続けてきた花火師・嘉瀬誠次(九十二歳)への取材を重ねた。その花火づくりに大きな影響を与えてきたのは「戦争」「シベリア抑留」という苛酷な経験であり、嘉瀬が亡き戦友への想いを込めてつくった花火「白菊」にこそ疑問を解く鍵があった。

おにいちゃんのハナビ (朝日文庫)
小路幸也 (著), 西田征史(原案)
609円(税込価格)2010/8/6発行
文庫サイズ(148×105ミリ)240ページ
発行元 朝日新聞出版
ISBN-978-4022645630
  
16歳の華が入院生活を終え自宅に戻ると、19歳の兄・太郎は「引きこもり」になっていた。兄を立ち直らせるため、華は無理矢理に新聞配達のアルバイトを始めさせる。太郎は心を開き始めるが、華の病は再発し帰らぬ人に。華が語った、新潟県小千谷市の花火大会「片貝まつり」への“思い”を胸に、太郎は花火作りを始める。実話を基にした感動作を完全にノベライズ。

美の壺 第4期 花火
NHK「美の壺」制作班 編
998円(税込価格)2008/12/19発行
A5判並製 72ページ(内カラー32ページ)
発行元 日本放送出版協会
ISBN-10: 414081313X
  
 2007年に放映された同番組の書籍版です。このシリーズはいずれも丁寧な番組づくりで、30分ものですが中味の濃い良質な番組です。書籍版一番の読みどころは大曲全国花火競技会スタッフである、花火研究家の小西氏の文章でしょう。番組内ではインタビューに応えるだけでしたが、その花火哲学をうかがえます。雰囲気として入る大会の写真はほとんど土浦競技会のものです。しかし何を洒落てか、起用のカメラマンはどうして花火の写真の水平を傾けて撮るのか理解不能です。
  番組では紅屋青木煙火店、和火屋と一流の煙火店に取材していますが、この本の中では和火屋さんは映像的には完全除外され、書籍の顔である表紙には和火屋さんの千輪ではなくこれら取材し番組に登場した煙火店とはなんら関係のない土浦花火競技会における栃木の煙火業者の千輪スターマインが乱舞しているという脈絡のなさ。放映された番組は見応えがあった良い内容でしたが出版部門の編集部はこのあたりがご理解いただいてないようです。
  親星の種類の記述は、参考文献に列記してはあるものの当HPそして私の著書「花火百華」「日本の花火」からオリジナルである「玉名の法則」をほとんど丸写し……。

はなびじん(1)〜(3) KC KISS
望月玲子 著
420円(税込価格)第1巻2008/11/13発売 第2巻2009/4/13発売 第3巻(完)2009/8/10発売
発行元 講談社
ISBN:第1巻 978-4-06-340728-0 第2巻 978-4-06-340747-1 第3巻 978-4-06-340764-8
  
 絢音はテキスタイル関係の会社に勤める24歳のOL。出張先のロスで観たのをきっかけに、花火の虜になってしまった彼女は「花火師になる!」と決意し、恋人の修一や親友の瑞希にも相談せずに会社を辞めてしまう。しかし、花火会社への就職は思った以上に厳しくて…!?(講談社コミック内容紹介まま)
  
 これまでに花火または花火関係者が題材のマンガ/コミックは、連載モノでは少年漫画、少女漫画を通して一度も描かれたことがなく注目される作品だ(09年4月現在連載中)。取材・監修に実在の煙火業者が協力しており、花火関連の描写は的確・正確でかつ作家のアレンジも効いている。

日本の龍勢&世界のバンブーロケット (野外研叢書)
山田 由美 飯島 正治著
840円(税込価格)2008/10発行
A5版 90ページ
発行元 野外調査研究所
ISBN-10: 4904006119
  
     

フォトテクニックデジタル7月号
1,100円(税込価格)2008/6/20発行
A4版
発行元 玄光社
ASIN B001AIM52W
  
【速報】キヤノンEOS Kiss X2 エプソンPX-5600 【特集】2008年早生まれ組カメラにオリンパスE-520が挑む真夏のカメラ王決定戦! 【特集】今年は撮るぞ! 水着ポートレート撮影攻略 全ノウハウ2008 【特集】てやんでえ! 艶だね、粋だね花火撮影名人への道 ほか

日本の花火 -ちくま新書
小野里公成著(文・写真)
998円(税込価格)2007/7/9発行
新書版 192ページ
発行元 筑摩書房
ISBN 9784480063748 JANコード 9784480063748
  
 全国厳選花火大会ガイドに始まり、花火大会によく登場するプログラム(出し物)や花火大会観覧の注意点について解説。さらに個々の花火の種類や名称を独特の分類法則と視点からわかりやすく解説。一般読者を対象として豊富な花火写真120点余を使用し、観て楽しめる写真図鑑本となっている。

プロフェッショナル仕事の流儀8
茂木 健一郎、NHK「プロフェッショナル」制作班
1,050円(税込価格)2006/12発行
B6サイズ(縦182ミリ、横124ミリ)171ページ
発行元 日本放送出版協会
  
  時代の最前線にいる「プロフェッショナル」はどのように発想し、斬新な仕事を切り開いているのか。これまでどんな試行錯誤を経て、成功をつかんだのか。そして、混とんとした今の時代をどのように見つめ、次に進んでいこうとしているのか。プロフェッショナルな人々の姿を通して仕事の奥深さ、働くことのだいご味を伝えたい。このようなコンセプトで制作・放映されているNHK総合テレビの番組「プロフェッショナル仕事の流儀」を書籍化。この第8巻では、ロボット技術者・小柳英次氏、半導体ベンチャー経営者・飯塚哲哉氏、花火師・野村陽一氏の3名を取り上げている。番組放映分では語られなかった部分も含めて興味深い。

80回大会記念誌  大曲の花火
第80回全国花火競技大会実行委員会(大曲商工会議所) 編
2,000円(税込価格。販売終了しました。) 2006/11/30発行 DVD付属
A4判並製 108ページ 
 
 冒頭は、大曲人vs花火師ということで、2006年3月に行われた、「80回記念大曲の花火フォーラム」に於ける大会関係者と出品花火業者達とのやりとりをほぼ完全に収録している。ほかにも花火関係者や主力花火師のインタビューや歴代のプログラムなどの資料部分で構成されている。
   

長岡大花火 祈り
長岡まつり協議会 編
1,800円(税込価格) 2006/6/1発行
A4判変型並製カバー 156ページ ISBNコ−ド 4-16-008020-0
 
 二百年余の歴史を誇る、勇壮華麗な長岡大花火。その魅力を、写真と文章で余す所なく伝える決定版ガイドブック。広大な信濃川の川原を舞台に、大輪の火の花が咲き競う。夜空を圧する壮大な三尺玉、光と音の華麗なコラボレーション「フェニックス」。二日間にわたって繰り広げられる長岡大花火は、二百年を越える歴史を持つ。それは、豪奢な夏の夜の夢であり、戦争や大地震の惨禍から立ち直ってきた、長岡市民達の祈りでもある。臨場感溢れる写真と興味深い文章で構成された本書は、まさに花火ファン必携のバイブルである。(長岡大花火 祈り 宣伝コピーまま)

日本でいちばん美しい晩秋の花火 -第100回長野えびす講煙火大会記念誌-
長野商工会議所 編
1,000円(税込価格) 2006/1/31発行
A5判 112ページ
発行元 長野商工会議所
 
 長野市長、紅屋青木煙火店の青木昭夫氏、信州煙火工業の藤原信雄氏を交えた紙上座談会にはじまり、大会100回の歴史経緯、資料等で構成されています。花火写真は同大会で開催される写真コンテスト入賞者の作品が多く使われています。書店または商工会議所にて一般販売あり。

花火師の仕事
池田まき子著
1,260円(予定税込価格) 2005/8/1発行
四六判 106ページ
発売元 無明舎出版
 
 知っているようで知らない「花火」のいろいろ。大曲の花火を中心に、その仕事と舞台裏を綴る花火なんでも読本。花火の歴史、花火の種類、花火の製造工程、花火師の仕事、花火大会のみどころ、大曲の花火の変遷など。
 花火そのものについての解説はページが足らないためか薄く広くといった内容ににとどまっているが、特筆は北日本花火興業へのインタビューで、同郷の著者でなければ聞けない、あるいは語られないような内容となっており興味深い。

モーターマガジンムック カメラマンシリーズ
日本の花火撮影ガイド
1,995円(税込) 2005/6/4発行
    
中橋富士夫責任編集 発売元 モーターマガジン社 
 
 他シリーズ同様にプロ・アマからの応募作(一般公募含)によって構成されている。表題通り「撮影地ガイド」なので、花火撮影に興味のあるカメラマニア向けに「ここで撮れば同様の写真が撮れる(かも)」という撮影場所とアングルをガイドしたものである(花火は唯一無二のものなので、風景や夜景のように同じ場所に立てば同じ写真が得られる、というものではないが)。花火撮影そのものについてのHow toは省略されているのでそれを学びたい者には向いていない。個々の作例の撮影情報やデータなどは応募者本人の解説とあって信頼度が高いとともに、各人のセオリーやこだわりが読みとれて面白い。
 冒頭からほぼ大会別または地域別の花火写真または花火入り夜景写真が並ぶ。花火大会と撮影地は全国をくまなく網羅しているというわけではなく、写真の集まり状況に因るのだろうかなり場所に偏りがあるようだ。各作例は日頃花火を撮り慣れたプロ、アマ写真愛好家による良質な応募作に支えられて、平均してみれば水準以上のグレードであると思うし印刷の品質も高く綺麗な仕上がりである。未踏の花火大会についてその打ち上げの様子が写真でよくわかるのは興味深いし、ロケハン情報のひとつとしても有効に使えるだろう。
 最初からページを割り当てられて特別扱いされている一部のプロ写真家を除けば、作例は混在で掲載されているのでどれがプロのものかは名前を知らなければわからない。しかしながら“プロの作例だからこういうのが良い写真に違いない”などという先入観なしに、写真の良し悪しだけで作例に没頭できるのは良いことだと思う。花火自体の解説は殆ど無いのだが、巻末の玉の種類ですらおそらくこの本を買うであろう写真を趣味としている読者にとってはあまり興味のないことかもしれない。
 応募作を取捨選択するという立場上、プロ写真家である責任編集氏(一貫して責任編集という記載になっているが事実上の著者である)は応募者が納得する程度の作例を出さなければならないが、アマチュアであろうとも幾多の錬磨を経た採用作に比すればさすがに専門外であることは否めない。しかし責任編集氏からは「花火には何の興味も無い」と伺っているので、その方に花火の写真の出来不出来を求めるのはもとより意味のないことである。それよりもこのシリーズでは一貫して撮影の穴場ポイントを公開するという編集が行われているわけで、継続的に花火を撮っている者に今期以降そこへの新規撮影者集中によってどれほどの弊害があるか懸念される。一部一般立ち入り禁止区域から撮影された作品が掲載されているが、こうしたものは最初から除外すべきだろう。
 私事であるが私の知人の多くの写真家が作品募集に応えたこと、また若き花火愛好家仲間の良質な花火写真が数多く採用され、紙面のグレードを高いものにし、その花火大会の花火の素晴らしさを余すことなく伝えていることをとても嬉しく思う。
   
注1:本誌の責任編集氏より幅広く多くの花火写真家にも、花火写真の提供要請がございましたが、FPLならびに小野里公成は、丁重に辞退しこの企画に参加しておりません。
注2:プロ写真家=プロ花火写真家、花火専門プロ写真家という意味ではありません。

JAVADA選書
仕事の原点 渡辺文雄の職人紀行 対談集
渡辺文雄著
1680円(税込) 2004/2発行
四六判 ハードカバー310ページ
発売元 中央職業能力開発協会 
 
 俳優の渡辺文雄が全国各地の職人、名工を訪ね、技と匠に迫る対談集。花火関連では「究極の四重芯菊に脱帽―花火製造工・小幡清英さん」として、群馬県の菊屋小幡花火店の現代の名工小幡清英氏に、四重芯菊への取り組み、煙火業の仕事について興味深い対話が交わされている。

花火師 -堀内重夫 自伝
堀内重夫著
四六判、208ページ ¥1,800(税別)2003/8/20発行
 
 現堀内煙火店顧問の同氏による自伝。青年時代、修業時代から稿を起こし、独立起業から共同経営者と袂を分かち現在に至るまでの花火一筋40年の半生が描かれる。そこには波乱万丈というよりはあくまで本人の一途な花火への情熱と精魂と事象が淡々と展開する。記述内容にはもちろん賛否あろう。花火に打ち込む姿勢は軋轢を呼ぶのだが、あらたな仕事の場と使命を自覚した今、花火師としての夢はまだまだ尽きない。資料的価値も高い。

長野の花火は日本一
文:武藤輝彦 写真・図版:小野里公成
A5判184ページ ¥1,700(予価)2001/11/20発行 2002/1第2版
発売元 信濃毎日新聞社 ISBN4-7840-9912-3
 
 花火生産のトップ県となった長野県は、その生産量ばかりでなく高品質な花火を産することでも知られている。藤原善九郎。青木儀作、多門父子。藤原貴右。田村仁三郎、藤茂父子など、今日の長野の花火の高い技術性の礎となった先駆者を輩出した長野の煙火史をあえて県外在住の筆者が考察する。多重芯花火の芸術性や長野の花火の技巧についての解説もさることながら、これらを生み出した先達の功労や人物像についても推察を含めてスポットをあてている。長野県外の煙火業者や花火愛好家にとってどこまで価値を見いだせるか未知数であるが、多くの文献や古文書から読み解いた解説は、煙火史資料としての価値も高いといえるだろう。なにより信州の煙火師が創生期より、自らの花火の高い技能と芸術性に自信と誇りを持っていたことが読みとれる。
 花火写真に関しては、小野里公成はこのような長野の花火の芸術性や美しさを実感するに必要にして充分な内容と分量を提供している。著者の意向に合わせてセレクトしたもので、写真集というわけではないが、貴重な長野冬季オリンピックの閉会式花火を含めて水準以上のクオリティであると自負している。
信濃毎日新聞社ホームページで直接購入も可

mutoayumi.gif 日本の花火のあゆみ 武藤輝彦著 
A5判236ページ ¥2,000(税別) 2000/10/15発行
発売元 リーブル

●内容紹介
1 花火事はじめ -日本の花火の歴史、煙火業界と保安など
2 花火大会の変遷 -煙火競技会の今昔など
3 がん具花火の歩み -子供とがん具、がん具花火の歩み
4 各地の珍しい花火 -世界一の花火があった、硫黄とミョウバンで描く仕掛け花火など
5 花火あれこれ -約200年前の花火、日本で初めて花火を見た人は?など
6 日本煙火史大観 -日本煙火史年表
  日本煙火芸術協会の歩み
  
購入申し込み先-全国書店注文のほか以下で直接販売可
          

リーブル
東京都新宿区西新宿8-10-8
TEL03-5389-0435 郵便振替 00100-3-559167 

hyakka.gif 花火百華 丸善ライブラリーシリーズ
小野里公成著(文・写真)
新書判 224ページ ¥980(税別) 2000/6/20発行
発売元 丸善株式会社

 夏の夜空に咲いては消える光の花々。爆発、燃焼、音響、空気の振動、鮮やかな色彩、どれもが人の原始の感情を刺激し、陶酔へ誘っているかのようです。その花火の良さは間近で味わわなければわかりません。本書は、とくに花火を観て楽しむ、という点にポイントを置いた新書版のわかりやすいガイドブックです。花火の史実や、技術的なこと、種類の解説を少なくし、実用的な観覧のサポートを中心にしたいわば「本で読む日本の花火ホームページ」という作りになっています。 
 インターネットが普及した今日でも、それが情報や知識を会得する手段の全てだとはまだいえないでしょう。この本では日本の花火ホームページのコンテンツに加筆し、あらたな内容を加えて、インターネット環境が身近にない方たち、あるいは世代の方にも日本の花火ホームページの内容の一部と、花火の素晴らしさを知り、実際の花火大会で花火を楽しんでもらうことを目的としています。
 写真のセレクトと全体の構成については小野里公成自身が直接プロデュースしています。口絵カラーでは、32ページにわたり本文に対応した美しい花火写真をご覧になることができます。

ikou.gif 花火大会に行こう 新潮社「とんぼの本シリーズ」
文:武藤輝彦、川上信定 写真:小野里公成 
A5判変形 120ページ ¥1,400(税別)1997/7/25発行
  
 表題からは「花火でデート」風の軽いノリと思われますが、そこは「とんぼの本」シリーズ。しっかりカルチャーしています。著者の前回の既刊「ドン!と花火だ」は花火に関する本としては非常にすぐれた内容でしたが、一般向けとするには専門的かつ詳細な内容でありすぎた、との評価もありました。今回はその点をふまえて、より身近な著述に仕上がっています。既存の花火の解説に加えて、特殊効果花火など新傾向の話題も採り入れています。版型もサイズアップし、写真、図版ともより見やすくなりました。
 おすすめの花火大会ベスト50では、「良い花火大会はどこか」について著者、煙火業者、花火愛好家で座談会を敢行し選出。座談会の模様も収録しています。共著となった川上信定氏が文筆家の立場から文芸作品、浮世絵、絵画の中の花火世界を紹介します。
 花火写真については私小野里公成自身が直接プロデュースし、紙面上のトリミング・レイアウトもしています。全体としては120点を越える最近作の花火写真、花火関連(製作工程、花火大会準備等)写真を使用し、新規の花火世界を創出すべく花火の美と臨場感を十分に伝えることに留意しました。「ドン!と花火だ」や「花火讃歌」をすでに購入済みの読者を考慮し、同じ写真ができるだけダブらないようにしています。花火の写真撮影を楽しむ写真愛好家にとっても格好の見本となりましょう。また図版のほとんどは新規に書き直しています。
 今回の本では、このホームページ内のギヤラリーに展示している写真をいくつか使用しています。ディスプレイで見るのとは違ったキレ味を堪能してください。
    
→内容の詳細について

shimizu.gif 花火の話 複刻版 工学博士清水武夫著(1976河出書房新社刊、オリジナルは現在絶版)
  
「花火の話」は花火そのものの技術、化学的解説専門書として国内外で評価が高く、海外の煙火関係者の間でも「ドクター・シミズ」の名で知らぬ者はなく、翻訳本は花火のバイブルとして世界中で愛読され続けている。残念ながら現在日本国内では、絶版となっており今回国内での入手のニーズに応えて限定部数で複刻された。
    
定価
 1900円(送料・消費税含)限定300部(完売済) 
仕様
 書籍内容は既刊の「花火の話」より版を起こして、正誤修正し、一部改正を加えて複刻した。ただし複刻版にはオリジナルにあった口絵カラー4ページとカラーのカバーは含まれない。表紙も複刻版オリジナルである。
発行者 武藤輝彦
発売元
 有限会社リーブル
発売日
 1998年6月25日

donto.gif ドン!と花火だ 
武藤輝彦 著 写真・小野里公成 
文庫判280ページ 株式会社三空出版 1000円 1994刊
  
 もともと少ない花火関係の本の中で、久しぶりの最新刊です。著者は長年花火業界に花火師として実際関わってきた方で、現在も花火企画会社を経営しています。花火の表も裏も知り抜いた著者が、花火のすべてを面白く、興味深く、そして分かりやすく解説しています。この一冊があれば花火大会が百倍面白くなること請け合いです。写真愛好者のために?口絵と中頁には70点あまりの花火の解説カラー写真がついています。
(注)現在上記三空出版には在庫はありません。

ukare.gif 花火うかれ 
株式会社丸玉屋監修 JTB出版  1500円
A5判136ページ 1994刊    
  
 監修執筆は丸玉屋および丸玉屋小勝煙火店という東京の花火屋さんです。各地の花火大会、花火の種類、歴史、各地の伝統的な花火、また外国での打ち上げのエピソードなどについて写真と図解で入門向に解説しています。上記の小勝郷右さんの次代の方が監修されているという点から、「花火−火の芸術」をより現代風にリメイクしたものと言っても良いでしょう。正確な記載でありながらわかりやすく説明しようという、一般向けの親しみやすい語り口になっています。質の良い花火のカラー写真も多数使用されています。

日本列島花火旅
ショトルトラベルシリーズ 小学館 文:出井邦子 写真:馬場 隆
A5判128ページ ¥1500 1996/6刊
   
 表題からすると全国つぶさに主要な花火大会を網羅した旅行ガイド風の物を想像するのですが、内容は限られたいくつかの花火大会、花火図鑑と歴史、花火製作、打ち上げ風景が主体で「旅」の要素はまったくありません。内容の不足を補うため載せた玩具花火の記事は旅とは無縁の代物といえましょう。
 巻頭からの花火大会の紹介は、長年に渡る数多くの取材結果から良い花火大会として吟味されたものではなく、取材にあてたある年の何カ月の間に本人たちが観覧することが可能だった、限られた狭い範囲の花火大会だけを掲載したとしか思えません。花火は雨などの影響もありますし、開催日が重なりますからワンシーズンだけで本を作るには無理があります。どうやら花火を知らないスタッフ達の思いつくままに、日にち順に効率よく取材先を稼げるように花火大会を選んだらしく、掲載された(出かけた)花火大会にはどうしてそこを選んだのか理解に苦しむ大会もあります。さらに(よく知らなかったためでしょう)大曲の競技大会や教祖祭PL花火芸術、諏訪湖湖上祭、豊田おいでんなど本当に必見の花火大会がいくつも未収録になってしまい、花火大会紹介部分はいささか内容がうすくなっているのが惜しまれます。加えて旅シリーズの本でありながら花火会場周辺の地図すら無いのは残念です。
 こうして出版物となると、出所が大出版社であるがゆえに結局はそこに掲載された内容が一番で、もっとも優れて、良い場所であるかのように読者には影響します。だからこそ真に責任ある内容を持たせ、しかるべき相手先に綿密に取材しなければならないのですが、編集サイドにこの結果の良し悪しを判断できる方が居なかったのでしょう。

こころ (NHK連続テレビ小説ノベライズ)
文: 青柳 祐美子, 大内 弓子
四六判、上巻 256ページ ¥1,260 (税込)2003/4/26発行
    下巻 253ページ ¥1,260 (税込)2003/7発行
発売元 NHK出版 
 
 浅草生まれのヒロイン・末永こころは国際線の客室乗務員。心意気がモットーで、大の祭り好きだ。実家は8代続くうなぎ屋「きよ川」で、粋な祖母のいづみとしっかり者の母・美佐子が切り盛りする。合コンがきっかけのこころの結婚相手は大学病院のエリート医・朝倉優作でバツイチ。二児の父だった。心意気から血のつながらない子供二人を引き取り、育てていく「青春子育て日記」。ヒロインの父沢朗は腕のたつ花火職人だが打上でミスを犯し浅草を飛び出していた。現在は新潟で花火工場を営んでいる。東京浅草と優作のふるさと、そして父の住む新潟を舞台に物語は展開する。

恋火 -天国の本屋シリーズ
文:松久淳+田中渉
四六判、192ページ ¥1,200(税別)2002/10/10発行
発売元 株式会社小学館 
 
 10年経ったら、いっしょになろう──。若き女性ピアニストと花火師の恋は、突然終わりを迎えた。それから十余年。伝説の「恋する花火」と「恋するピアノ組曲」が残った──。   
映画化! 2004年6月全国ロードショー
「天国の本屋〜恋火」公式サイト

a_junko.gif 若き女職人たち
文:阿部純子 写真:伊藤なたね
新書判、222ページ ¥700(税別)2002/9/22発行
発売元 株式会社集英社
 
 女性の職人、しかも20歳代から30歳代で、伝統的な分野でものづくりを目指す人はどんな人たちなのだろうか?そんな筆者の好奇心から、若き女性職人達の仕事と女性としての内側、生き方をインタビューと写真によるルポで迫る。登場するのは浮世絵師、京友禅職人など9人。花火職人として15代鍵屋の天野安喜子さんが登場する。

oedorocket.gif 大江戸ロケット(演劇台本)
作:中島かずき
四六版 213ページ ¥1,800(税別)
2001/7 発行 論創社
 
月まで届く花火を作って!
謎の娘ゾラから巨大打ち上げ花火の製作を頼まれた若き花火師、玉屋清吉の運命は……。天保の改革の真只中、無茶を通したい江戸っ子達による超スペクタクルファンタジー(帯解説)

はなび(絵本)
作:秋山とも子
縦264ミリ、横215ミリ、32ページ ¥1,300(税別)2003/6/10発行
発行元 株式会社教育画劇
 
 はなびというタイトルのもと、新潟県小千谷市の片貝祭りの一部始終を絵本に仕立てた作品。花火工場でまつりに合わせて花火を作るところから、祭り当日の花火打ち上げ、締めくくりの名物世界一四尺玉が打ち上げられるまでを丁寧に描いている。取材は実際に地元の花火業者で行い、花火造りの様子、打ち上げ現場の克明な描写が素晴らしい。また、まつり当日の町中の様子、家屋の佇まい、張り出された番付、町じゅうで花火を見上げる人々、桟敷の賑わいなどがほのぼのとしていながら細部まで描き込まれている。片貝まつりの雰囲気が伝わる好作品。

知りたい、なりたい職業ガイドシリーズ Part4
マンガ/伝統美を表現する仕事 歌舞伎役者 和菓子職人 花火師

A5版 148ページ ¥2,200(税別)2002/4 発行 小学校高学年〜高校生向
発売元  ほるぷ出版
   
 気になる職業を楽しいまんがで紹介する、異色の職業ガイド。バラエティー豊かに広がる現代にあわせて、テーマ別に1冊で3つの職業を紹介。「職域としてイメージできるようになる」新感覚の職業ガイドです。仕事につくまでの道のりが一目でわかるフローチャートが便利。職業指導や社会科の副教材としても有効。(ほるぷ社宣伝コピーまま)

nekonohanabiya.gif ねこのはなびや(絵本)
作:渡辺有一
縦265ミリ、横210ミリ 32ページ ¥1,200(税別)
2001/6 発行 株式会社フレーベル館
 
ねこの はなびやは、よぞらに はなびを ドドーンと うちあげる
しろねこぐみ くろねこぐみ とらねこぐみにわかれて
はなびやの どきょうをみせるんだ

suzuki.gif はなび
「しぜんのくに」シリーズ 1999年7月号 B5判36ページ ¥360(税込)
発行所:鈴木出版株式会社(東京都文京区本駒込6-4-21)
   
 低年齢向けの児童書です。毎月違うテーマで一冊の本になっています。こうした児童書はいい加減な内容で作ることはできません。この本も煙火業者にきちんと取材をして正確な記載をしています。とくに幼児、子供に身近な玩具花火についてはなおさらです。その点本書は監修は日本煙火協会の二股英雄氏を起用し、玩具から打ち上げ花火までを構造や製造過程についても、わかりやすく親しみやすく解説しています。打ち上げ花火の写真は小野里公成が提供しています。

kotani.gif 博多大花火殺人事件 木谷恭介著 ケイブンシャ文庫 1998刊
     
 長編旅情ミステリー。伝説の大花火、雪月花三段開き乱れ咲きを巡り渦巻く殺意。硝煙の中に潜む爆発事故の真相は?
 松山中央署の大鷹鬼平は恋人を介して相談に来た高瀬千津琉から、信じられない話を聞いた。12年前に爆死したはずの兄が、博多の花火大会で花火を打ち上げるというのだ。急きょ博多に向かった鬼平が遭遇する事件は・・・?
 評・良く取材された内容で花火関連も正確な記述である。しかし九州でこんな超ビッグな競技花火が開かれるという設定は超フィクションであるし。現実に記載された方法で犯人が殺害を謀ったら、犯人も確実に爆死だろう、命がけだぁ。逃げているヒマなんかないっつーの。しかし供に死んだら話にならならいし。

matsuri.gif 夏祭りと花火の旅・東日本編・全151大会
徳間書店 プルミエ情報板 AB版146ページ 650円 1996刊
  
 やっと出ました。花火と祭り、旅行ガイドのドッキング版。もちろん携帯サイズの専門の旅行ガイドほどのフォローはありませんが、 見どころ、味どころ、特産品などの付随情報はしっかり押さえています。もともと遠くの花火大会へ遠征するとなれば、それはりっぱな旅行。花火大会だけじゃなく、プラスアルファの楽しみ方が広がります。北海道から関東甲信越までと守備範囲が広いのも魅力。 花火大会・祭りとも地図つきで親切な構成。花火については開催内容とアクセスなどの情報のみ。関西版もありました。

写真集・CD-ROM

土浦全国花火競技大会写真集
写真:小野里公成
縦178ミリ、横182ミリ、64ページ ¥1,000(税別)2003/3/20発行
発行元 土浦全国花火競技大会実行委員会
 
 1990年度の第59回大会から、2002年度の71回大会までの13年間の大会出品作の中から112カットを選び、土浦全国花火競技大会のエッセンスを盛り込みました。スターマイン、尺玉割物、創造花火の3部門の出品作ならびに仕掛け、大会提供花火がこの競技大会で実際に行われるように順次展開します。
注・書店販売はしていません。
→入手先 土浦市産業部観光物産課 TEL 029-826-1111(代)
   
→使用写真の一部を見る

nagaoka.gif 長岡の大花火 Fireworks
写真・木津清次ほか
縦215ミリ横165ミリ 64ページ ¥1,000(税別)2001/4/1発行
発売元 株式会社オフィスエムツー(長岡市表町4-1-7 TEL 0258-39-6204)

 個人の写真集、というよりは長岡花火の紹介本といった内容であるが、筆頭の木津氏による名物三尺玉をはじめとする長岡まつり花火大会の各シーンが豊富に掲載されている。三尺玉の写真は秀逸に撮られているし、玉の種類も豊富に紹介されているので、長岡まつり最大の目玉である三尺玉の様々な姿を堪能できる。年に4発しかあがらない三尺玉をこれだけのレベルで揃える、というのは永年の丁寧な仕事の蓄積であり鑑賞に値する。写真部分前後に、長岡花火の解説、三尺玉を作る嘉瀬煙火の話、花火の出来るまでや打ち上げ方の解説が掲載されている。写真部分後半は、カメラワークの不思議、としていわゆるアート風な花火の写真が並ぶが、この本の性質からしてそういった「写真的なお遊び」は少々違和感があることが惜しまれる。

odoru.gif 心が踊る花火と夏祭りの撮り方 別冊家庭画報 発売元 世界文化社
AB版146ページ ¥1,700(税別) 2000/6/21発行

 同社の初心者向け写真技法解説書「写真に強くなるシリーズ」第5弾は、花火と祭り。6:4で花火部分が多くなっています。花火の写真の撮り方を解説した記事というと、従来はカメラ専門月刊誌などが季節もの特集として掲載する程度で、そのことだけを一冊の本にした物は全くありませんでした。その意味では本書は、祭り撮影と抱き合わせではあるものの花火撮影にウエイトを置いた、初めての解説本だといえるでしょう。
 花火撮影部分では、秋田の写真家・泉谷玄作氏が中心となって大部分のページで撮り方や、花火の種類などを解説しています。泉谷氏に加えて、小野里公成、冴木一馬、井上 明(掲載順)の各氏が参加し、それぞれの作品を提示しながら解説するというスタイルで構成されています。
 写真解説以外の各種花火情報や花火そのものの知識についても豪華な執筆陣を擁して充実した内容です。各写真家それぞれの独自な花火撮影に対するスタンスやテクニック、作品レベルを知ることができ、比較可能な点が興味深いと思います。本としてのサイズが大きいため、花火会場に手軽に持ち運んで参考にする、という風ではありませんが(そうしている読者をたくさん見かけました。感謝です。)、それだけに各写真は大判になり、印刷も秀逸で美しい仕上がりになっています。
 他は概ねいずれの写真も高水準で、アマチュアの花火撮影ための概念やテクニックをレベルアップするには、好適なお手本がほとんどといえるでしょう。(花火のHPなので祭り撮影部分は省略しました。)

心にひびく-ふるさとの花火 早津明彦花火写真集
2800円(税込・送料580円別) 2004/6/11発行
A4判変形(縦約305ミリ、横約215ミリ) ハードカバー64ページ
→問い合わせ 早津明彦写真事務所(〒350-1255 埼玉県日高市武蔵台3-26-7 FAX 042-982-4525 TEL 042-982-4520)

 前処女作から4年。およそ3年余りの成果をまとめた新刊である。今回は有名で大規模な花火大会だけでなく、全国に点在する小さな花火大会、花火祭りにもふるさとの花火という題材を求めている。
 原板は引き続き全て4×5インチのカメラで撮られている。その性質上一枚一枚の写真に時間をかけ、丁寧に撮られており、腰を据えて花火と向き合っている重厚感が在る。つまるところ写真家が仕事をする、というのはこういうことであり、花火大会に行った数や通算撮影回数ではなく、個々の花火大会でどれだけプロの名に恥じない作品を得るために全力を尽くしたか?なのである。
 撮影は当然ながら、実は書籍と言う媒体における「印刷」による原板の再現にも多大な時間とこだわりを持って制作したという。その結果、コクのある芳醇な色彩再現と、細密な描写とが相まって精緻な花火の細部までを描き出している。撮影者と印刷側との技術的なそうした努力はあるもののどの写真からも感じるのは、凄みや圧倒よりも、むしろ穏やかな和みの風景である。それは人の心のふるさとに共鳴する温かさとか安堵感といったものである。花火を観ているときの穏やかな、安らぐ気持ちが感じられ、花火とともにその土地ごとの風物や人物のストーリーが謳い込まれているようである。

hayatsu.gif 夜空に開く幻想の花−花火 早津明彦写真集
早津明彦写真事務所(〒350-1255 埼玉県日高市武蔵台3-26-7
FAX 0429-82-4525)発行
2000円(税込) 2000/7発行
縦210ミリ 横230ミリ ハードカバー60ページ
 
 素晴らしい。花火を撮影して30年という著者が、沈黙を破り満を持して放つ写真集は、花火が一気にエネルギーを放つかのような作品を収めた一冊となりました。「花火そのものを芸術作品と認め、花火師の方々が苦心して創作された色彩や形状演出効果を忠実にかつ端正に捉える」。と著者が語る作品はいずれも一貫して頑ななまでに、精緻な再現を求めて4×5インチのカメラで撮り続けられた傑作ばかりです。そうした理念は言葉で伝えるより明確にまさに画面に現れ、豊潤な色彩、緻密な描写も相まって、見る者を純粋な花火の感動に導くことでしょう。基本的には、花火が好きで撮っている、あるいは撮り始めた、というスタンスではなく、写真家として「撮り遺す価値のある被写体」に花火を選び、それが永年の経験により技術的に高まった、という作品であると見受けられます。撮影技術や経験だけでなく、撮影者の一心な熱情や、「見応えのある映像を撮らなければならない」というプロ写真家としてあるべき使命感ないしは責任感のような気迫が伝わってきます。近年そうした気迫も無しに、手軽に花火を撮って換金しようという商売写真屋が跋扈する中で、久しぶりに重量感のある本物の花火撮影者の、少しおくればせながらも鮮烈な登場です。

sankap.gif 花火写真集「花火讃歌」
小野里公成著 光村印刷株式会社 2400円 1992刊
縦250ミリ 横240ミリ
  
 正統的な撮影方法による世界初の花火写真集です。あくまで花火を花火大会等で鑑賞するように撮影しました。写真集としてもまた巻末の解説と合わせて花火カタログとしても使えます。60ページで花火写真68点収録オールカラー。
    
→詳細はFPLショッピングのページへ

Hanabi・後藤芳次写真集―秋田の名川・雄物川を彩る花火フォトグラフィ
株式会社グランドストアーカネトク/ハナビライブラリー編集
B5判70ページ 2000円 1994刊
   
 大曲全国花火競技大会で有名な、秋田県大曲市在住の写真家・後藤氏の作品集。花火写真ではすでに写真展や地元花火カレンダーやポストカードなどで実績と定評がある。花火以外には地元秋田の風物を取り扱うフォトライブラリーや広告制作などを手がけている。本書は地元秋田を流れる雄物川周辺で開催される花火大会を中心に編纂したもの。後藤氏は秋田以外にも花火撮影に赴くが、ここではあえて県内、しかも大曲の競技会を中心に雄物川流域の花火でまとめたことで狙いがすっきりした構成になった。いずれの写真も地の利を活かしたカメラポジションで美しくとらえられている。郷土の花火を見つめる視線は暖かく優しい。
 花火写真64枚、巻末には花火製作や打ち上げ準備風景などのスナップが並ぶ。

大曲の花火  
泉谷玄作写真集 ¥1,200(消費税抜)
縦175ミリ、横180ミリ、ソフトカバー 84ページ 1999/5月12日発行 
発行所:株式会社カッパンプラン(秋田市寺内三千刈110-1 電話018-865-5634)

 作者第5弾の写真集は、著者の地元の花火大会、そのものズバリ「大曲全国花火競技大会」に取り組んだもの。特徴はこの花火大会で撮られた花火の写真だけを収録したのみでなく、大会全体の全ての魅力と雰囲気をまるごとパッケージして見せている、という点だろう。
 花火を待ち、河川敷を埋め尽くす見渡す限りの群衆。やがて夕刻、昼花火から大会はスタートする。花火中心に花火を待つ観客や会場の雰囲気、打ち上げ中の花火に照らし出される観客の姿もとらえ、一冊で大曲の花火の熱気と臨場感を感じさせる仕立てとなっている。全ての視線が一方向、花火に見入るその観覧客の表情は幸せそのものだし、花火と観客の興奮、その両方の熱さが伝わってくる作品が数多い。
 大曲の花火大会を実際に観覧したことがある読者なら、ページを繰る度に素晴らしい花火や歓声が蘇るだろうし、大曲を観ていなくても、体験したどこかの大会に置き換えて、花火の夜の熱気や河川敷を渡る風さえも感じることができるだろう。
 巻末には花火の製作現場や花火打ち上げ現場も白黒写真で紹介。花火大会の舞台裏も見せている。

izumiya.gif
SPIRITUAL LIGHT 心の惑星、光の国の物語  
泉谷玄作写真集  CREOの本 ¥3,800
A4変形判 ハードカバー 112ページ 1997/5月発行
  
 秋田出身の作者は地元中心に、永年独自の撮影手法により花火を撮影してきた。この写真集はいわゆる前衛派であり、花火を花火らしく撮影した、という範疇には入らないが、素材が花火なのでピックアップしてみた。作者は既に同様の、カメラを自由にブラシたり、回転させたりという独自の撮影手法によって2冊の小型の写真集を発表。これはその線の集大成ともいえるだろう。
 ……凄い。これはイってしまっている。作者は花火の光が乱舞する様に、東洋思想、インド思想の崇高な精神世界と宇宙観を見いだし、自己の作品世界と結びつけている。その見事なまでの彼岸の世界観は花火曼陀羅そのもの。下界でぼんやり花火を見上げるわれわれ観客は、遥かに取り残されるばかりである。しかし読者にとっては、この強力な世界観にしてようやく作者の目指していた写真の方向が明瞭に説明されたといえるだろう。
 こうしたアート系の撮り手の中にはともすれば「ホントは花火なんだよコレ」という具合に得意満面に素材の種明かしをしてみせたがる人がいる。それはしょせん人(花火作家)の芸術を素材に使っていながら、奇抜な撮影技法に自己陶酔するだけの貧しい写真芸術になりがちだ。
 この作者は花火を素材としていながら、もはや素材の正体の解説にはこだわらず、そこから生み出される映像に、独自の世界観をみせはじめている点に好感が持てる。そうして初めて素材の花火から切り離され、作者の描き出したかった世界や、映像が明瞭になってきた。むしろ見る側が花火にとらわれている気持ちそのものを解放し、自由なイメージの世界に遊ばせてくれるかのようである。
 仰天するのはその造本で、表紙、見返し、本文ページの全てがゴールド一色の黄金のお茶室仕様。このゴールド特色塗り込めだけで3,800円の元を取ったようなものだ。かの杉浦康平(デザイナー)氏ですらここまでしなかっただろう。ページをめくるたびに展開する荘厳なお仏壇ワールドは目も眩むばかりで、インド仏教、チベット密教の悟りの精神世界はかくやというばかりの凄さだ。

kamoi.gif FIREWORKS 夢宇宙
写真:鴨居敦子
縦180ミリ横165ミリ 1,500円(税別)
1998/7発行
発売:星の使い社
 
服飾デザイナーであるという著者が日本画、工芸などと並ぶ趣味としての写真を活かした写真集。表紙からもわかるようなアート系。ほとんどはフリーハンドだが、三脚を使って撮った普通の写真も数点あり。    

daihanabi.gif
大花火 -The Fireworks 
発売:シンフォレスト CD-ROM写真集 
¥3,900(税別)1999/6月24日発売 販売終了(絶版)
写真:小野里公成 音楽:梅村 圭
   
 小野里公成第4作目の花火写真作品集が、初めてCD-ROMでリリースされます。ディスプレイ上で咲いては消え、次々に繰り広げられる花火の数々。「大花火」はあなたのパソコンの画面上で展開する壮大なパーソナル花火大会です。38箇所の花火大会で撮影された188点の代表作、最近作の花火写真が、撮影されたポジ写真そのままの美しさで、ディスプレイならではの素晴らしいカラーで迫ります。ミニエッセイ、スペシャルムービーも収録。
   
→内容の詳細について

hyakkei.gif
花火百景 写真:馬場 隆 音楽:SDU 1994発売 販売終了(絶版)
発売:シンフォレスト CD-ROM写真集 ¥3,900(税別)
  
 シンフォレストといえば、ネイチャー、ランドスケープもので高品質な写真CD-ROMを提供しているメーカーだ。既刊のCD-ROMはいずれも完成度が高い。この「花火百景」においても、多くの消費者にとっては、効果音も付いているし、価格相応の完成度と満足が得られるに違いない。
「花火百景」は、従来のシンフォレストの路線とは異なる企画といえる。路線拡張を狙っての季節物企画と思われるが、写真の品質と内容の点では少々安易に制作してしまったようだ。というのも花火を自ら意欲をもって撮り初めて1年(ワンシーズン)という専門外の撮影者の起用も、シンフォレストの既刊のリリースが、いずれもその分野においては名うての写真家が永い年月をかけて自らのテーマに取り組んでいる作品集が多い中では異色である。花火が初心者にもかかわらず、ここまで撮りきってまとめたのはソツのない仕事と賞賛したい。
 全体の構成は限られた花火大会で撮った写真、100点余りがランダムに展開するスライドショーと10点程の写真による解説付きの花火図鑑、10分ほどの花火ムービーから成る。全国各地の花火大会の名場面を収録、としているがひとりの撮影者が1,2年でそれをかなえるのは事実上不可能。そのため場所のバリエーションがいま一つであるし、収録された写真を選び出すための、おおもとの写真がやはり少ないようである。
 同社ホームページにてサンプル画像4点が見られます。

manaten.gif
花火満天
1996 毎日新聞社刊 縦215ミリ横157ミリ
3000円 ハイブリッドCD-ROM BOOK 絶版
   
 これはCD-ROMオンリーではなく、書店などでも販売できるように小冊子の中にCD-ROMを組み合わせたCD-ROM BOOKというべきもの。
 内容は、現代の花火師と花火づくり日本花火考の2項目からなる56ページの小冊子と以下のCD-ROMからなる。
 CD-ROMの主な内容は豪華絢爛花火ショーと花火師入門、全国花火大会。豪華絢爛花火ショーでは仕掛け花火やスライドショー。花火師入門では花火造り、打ち上げの仕組み、花火の分類。
 全国花火大会では収録数は少ない物のいくつかの国内花火大会、伝統花火行事、外国の花火を写真で見せる。
 監修と主たる花火画像要素の提供は株式会社丸玉屋が担当している。そのため打ち上げや花火造りなど、いわゆる舞台裏情報は豊富。要所には解説ナレーションが伴っていて花火と花火大会のあらましを知るには格好のメディアといえるだろう。付随している小冊子とこのCD-ROMで、誰でも手軽に花火についての多くの情報を身につけることが可能。
 約150枚の豊富な花火写真は、多くの写真家から収集したものか?発色や画質、スキャンが揃っていないのが少し残念。菊の写真を牡丹と記述したり、多少のミスは仕方ないか?またクイックタイムムービーは種類は多いものの、おおもとのビデオの質が充分でなく、また当然ながら再生画面が小さいのが惜しい。しかしながら花火では動画、つまりビデオでしか絶対に説明できないような要素があり、その意味ではとてもわかりやすいCD-ROMといえる。

BD・DVD・ビデオ(テープ)・LD

この空の花 -長岡花火物語 (DVD/Blu-ray)
監督 大林宣彦
DVD 3,713円(税込価格)、Blu-ray 4,504円(税込価格)2014/4/8発売
160分
販売元 ビデオメーカー
  
大林宣彦監督が新潟県長岡市の花火大会をモチーフに描くヒューマンドラマ。長岡市を取材に訪れたひとりの女性新聞記者が、過去と現在を繋ぐ不思議な体験を重ねていく様を綴る。主演は松雪泰子。共演は高嶋政宏、原田夏希ほか。

おにいちゃんのハナビ (DVD/Blu-ray)
出演:高良健吾、谷村美月、宮崎美子、大杉 漣、佐々木蔵之介
発売日:2011/02/25 DVD 3,990円(税込価格)、Blu-ray 5,040円(税込価格)
画面サイズ:1.78:1
時間:160 分
販売元:バンダイビジュアル
  
16歳の華が入院生活を終え自宅に戻ると、19歳の兄・太郎は「引きこもり」になっていた。兄を立ち直らせるため、華は無理矢理に新聞配達のアルバイトを始めさせる。太郎は心を開き始めるが、華の病は再発し帰らぬ人に。華が語った、新潟県小千谷市の花火大会「片貝まつり」への“思い”を胸に、太郎は花火作りを始める。

DVD プロフェッショナル 仕事の流儀 第4期 花火師 野村陽一の仕事
DVDvideo 約50分 3,675円(税込価格) 2006/8/22発売
仕 様:リージョン:2 片面1層 カラー 16:9/LB トールサイズ ステレオ/日本語
発売元:NHKエンタープライズ
販売元:NHKエンタープライズ
 
 さまざまなジャンルの第一線で活躍するプロたちの仕事を掘り下げてみせるNHKのドキュメンタリー番組。誰もが認めるプロフェッショナルたちは、どのように発想し、切り拓き、成功したのか。その流儀に迫っていく。

DVDvideo+書籍 NHK DVD 美の競演 日本の花火〜花火芸術の最高峰 大曲全国花火競技大会〜
DVDvideo 約45分 3,150円(税込価格) 2006/6/23発売
特典書籍●「大曲の花火」の歴史 ●花火鑑賞ガイド  花火の名称と種類紹介。良い花火とは?
仕 様:リージョン:2 片面1層 カラー 16:9/LB トールサイズ 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
発売元:NHKエンタープライズ
販売元:ジェネオン エンタテインメント
 
 花火芸術の最高峰「大曲の花火」。 NHKが10年に渡りハイビジョン撮影した映像から、極上の花火をダイジェスト!特上の桟敷席からお届けする、花火DVDの最高峰です。(ジェネオン エンタテインメント宣伝コピーまま)

DVDvideo 花火サラウンド 映像遺産ジャパントリビュート
DVDvideo 約65分 2,940円(税込価格) 2006/6/22発売
画像アスペクト:【16:9】LB スクイーズ
音声:5.1サラウンド 1.ドルビーデジタル 2.DTS
映像:シンフォレストハイビジョンアーカイブス
字幕監修・イメージフォト:小野里公成(FPL)
製作・発売:シンフォレスト
 
 全編ハイビジョン撮影+DTS&ドルビーデジタル5.1chサラウンド対応。日本三大花火大会を網羅した「究極の花火体感DVD」誕生!
 オープニングは、長岡の震災復興祈願花火「フェニックス」が「jupiter」をBGMに102発もの尺玉を含む計870発でスタート。重量300kgの「正三尺玉」が、全長650mに及ぶ「ナイアガラ」大瀑布の上空で大輪の花を咲かせる。大曲の大会提供花火「HAREM(ハレム)」、諏訪の水上大スターマイン「Kiss of Fire」等の大作や名物花火なども目白押し。
 分かりやすい字幕や、特典として収録された大曲の「昼花火」も見もの。日本の夏の風物詩を体感する、至極の最新作!(一部シンフォレスト宣伝コピーまま)

DVD 花火空撮クルージング
FIREWORKS SKY CRUISING
予価3,990円(税込) 2005/5/26発売 品番:SDA41 JANコード:4945977200601
発売元 シンフォレスト
 
 花火の魅力をまるごと上空から激撮。全編デジタルハイビジョンカメラで撮影したハイエンドBGV!
単なる空撮とは違う、世界屈指の最新鋭ハイビジョンカメラ搭載ヘリによる鮮明かつ非常に安定した映像で贈る“空から見る花火”! 花火に染まる夜の海、海上を埋める屋形船、花火越しに広がる東京の一大夜景……。ファンタジックな夏の夜の風物詩を克明に映し出す「ハイビジョン撮影」と臨場感たっぷりの「5.1chサラウンド」により完全収録。高品質BGVとしての美しさと、リアルな臨場感を兼ね備えた“極上の映像インテリア”の誕生です。

Virtual Fireworks
EDO HANABI -DVD VIDEO
・日刊スポーツ主催・神宮外苑花火大会(HKBN-10001 48分)
・隅田川花火大会(HKBN-10002 65分)
片面1層、2chリニアPCM/ドルビーデジタル5.1chサラウンド
各¥3,990(税別)2004/10/20発売
販売元:株式会社ポニーキャニオン
     
 日本の伝統文化である花火をリアルな映像と音でバーチャルに楽しむことができる環境DVDがリリース。江戸=東京の代表的な二大花火大会を全く新たな視点から収録しました。
○大画面テレビ対応の迫力あるリアルな映像
○マルチカメラによる今までにない様々なアングルの映像を収録
○全編5.1chサラウンド収録による臨場感溢れるリアルなサウンド
○特典映像盛りだくさん。
これであなたも花火ツウ。図解花火の種類を収録。
隅田川では、貴重な映像と共に、「隅田川花火大会の歴史」を収録。「神宮」では花火師の仕込みのドキュメントを本編に収録。

DVD-VIDEO  新スタイリッシュ・インテリアDVD
花火/夜空に咲く光のファンタジー

2002年6月20日発売 ¥2,500(税別)
発売:シンフォレスト
   
 花火大会の臨場感をあなたのお部屋で再現!全編ハイビジョン撮影によるスクイーズ収録した「映像」と、こだわりの「現地収録音」は、花火の美しさと迫力、そして活気にあふれた会場のムードすべてを、見事に物語ります。正統派の花火から、印象的でユニークな創作花火、巨大な光の滝がダイナミックに流れ落ちるナイアガラなどを一挙収録した“花火DVDの完全決定版”です。
■全編ハイビジョン撮影の高画質映像
■高音質&臨場感あふれる効果音
■ディスクインと同時にエンドレス再生
■ドルビーデジタル5.1chサラウンド特典
【収録内容】
PG.1:打ち上げ花火
PG.2:創作花火
PG.3:仕掛け花火
PG.4:スターマイン
PG.5:線香花火
Special PG.:ドルビーデジタル5.1chサラウンドによる“超臨場感”シアター
  
 花火の種類や芸術性、あるいは記録性をガチガチに追求したマニアックな作り、というよりは何となく眺めている心地よさが狙いであると思う。同社の製品に一貫したリラクゼーション、ヒーリング効果が充分に満喫出来る。画質、色彩とも充分な厚みであるのに加えて、特筆すべきは臨場感溢れる音質の素晴らしさである。従来のビデオテープあるいはアナログディスクの花火ものでは再現できなかった、「花火会場そのもの」の雰囲気が味わえる。ステレオ再生でも充分だが、とくにドルビーデジタル5.1chサラウンド再生では、まさに花火大会で観客のまっただ中で観ているかの臨場感を感じることができる。あなたの部屋はいつしか花火会場の河川敷になり、土手になる。録音された観客と一緒に歓声を上げているかもしれない。のんびり寝ころんでぼんやり花火を観る、という極上のリラクゼーション空間に包まれるだろう。

cnnvideo.gif 「CNNミレニアム2000-世界が迎えた世紀の瞬間」
ワーナー・ホーム・ビデオ 2000/1/6発売
VHS 85分 カラー 二カ国語 ¥1,800
ワーナー・ホーム・ビデオ マーケティング部
TEL 03-5472-8041 
 
  
 CNNが1999年12月31日から1月4日まで生中継した同番組を約1時間半に収録したもの。世界で一番早く200年を迎える南太平洋のキリバスから、時間を追って地球を一周。シドニー、東京の増上寺、パリのエッフェル塔、ブラジル、タイムズスクエア、など世界各地の代表的な地域でミレニアムの瞬間映像を収めている。
 見物は各地でカウントダウンと共に繰り広げられる盛大な花火の数々、花火も演出も各国様々で楽しめる。

日本の美「花火」 1997/5/21 発売 日本コロムビア
COLE-6186(LD) \4,660(税抜き)
COVE-5687(ビデオテープ) \3,800(税抜き)
COBE-5004(DVD) \3,800(税抜き)各45分収録
  
 日本人の夏を高揚させる花火。その有名な花火大会の模様を迫力ある花火の炸裂する音響とともに収録した決定版!日本人の心のふるさとであり、元気づけるものである。一大会100万人前後の観客を集める、有名で大きな花火大会を収録した映像と音響の魅力溢れる作品。収録大会/長岡まつり/河口湖花火大会/東京湾大華火祭/片貝まつり
 高画質・高音質のDVDを同時発売。花火別チャプターの機能付きで花火を楽しむことができます。

花火幻想 -Fireworks 入手不可
 
レーザーディスク片面37分 1994 日本クラウン株式会社
CRLY-30034(LD) \4,500(税込)
 このLDは尺玉と四尺玉の製造工程と各地の花火大会の映像で構成されています。なかでも世界最大の花火「四尺玉」の製造工程は圧倒的な迫力と稀少な映像でしょう。他には熱海海上花火大会、空撮による東京湾大華火祭、長岡祭り、土浦全国花火競技大会、片貝まつり、冬の花火を収録。

花火幻想 入手不可
 
レーザーディスク片面40分 1993 アルファレコード株式会社
ALLA-100(LD) \4,900(税込)
 全国屈指の花火師が集う秋田県の大曲全国花火競技大会でのみ収録された花火映像がBGMとともに展開する。映像収録はミュージックビデオの世界で国内外で評価が高いANDY XXが担当。記録映像を超えて日本の花火をアジアの美として描き出している。映像は正統で穏やかに美しくLDの花火映像ソフトとしては秀逸な一品。

花火-ミュージックポエム 入手不可
 
レーザーディスク片面30分 株式会社ポニー
50LS5015(LD) \5,644(税込)
 打ち上げられ花開き、すぐに消え去る一瞬の命。美と知に溢れた環境映像、音楽集。

FIREWORKS -Super Video Remix 入手不可
 
レーザーディスク片面30分 1987 ソニービデオソフトウェアインターナショナル
50LS5015(LD) \4,862(税込)
 この中にはいわゆる普通の花火映像はひとつも登場しない。全編花火映像を完全なまでにビデオ素材としてのみ使用し、編集技術で様々に合成、加工したうえで音楽に合わせたアート花火映像集。イマジネーションと感覚の世界が展開する。

パソコンソフト、シミュレーション、ゲーム


打ち上げ花火パズルゲーム/Playstation2専用
ふたりのFANTAVISION(ファンタビジョン)
2002年7月4日発売 標準価格 4,800円(税別)
プレイ人数 2人用
FANTAVISION
2000年3月9日発売 標準価格 5,800円(税別)
プレイ人数 1人用
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
    
「FANTAVISION」は、“花火”のイメージをその美しいイメージのまま、ゲーム化することに成功しました。暗い夜空をキャンバスに繰り広げられるファンタスティックな光のショウタイム。直感的にできる操作と、“プレイステーション 2”ならではの美しいグラフィック。視覚、聴覚、皮膚感覚で体感する花火の無限のバリエーション。「FANTAVISION」は、そんな花火の世界にあなたを誘ってくれるでしょう。
「FANTAVISION」は、同じ色の花火の玉を3つ以上キャッチし、フラッシュ(爆発)させるパズルゲームです。打ち上げられた花火玉をキャッチし損ね、画 面から消えてしまうと、プレイメーターが減っていき、0になるとゲームオーバーになります。逆に、ひとつのステージを一定時間プレイできればステージクリアとなり、次のステージに進むことができます。また、途中に出現するワイルド(七色花火)をうまく使えば、より高得点を目指すことができます。
 ふたりのFANTAVISIONでは2P対戦モードが新登場、従来のFANTAVISIONも同時に収録。各ゲームモードも強化。 (CPU対戦も12ステージ可能)新型花火追加で演出強化。ムービー・BGMオールRemix+多数追加。

大江戸滅亡まであと七日   ボードゲームの真打登場
「プレイステーション」用ゲームソフト
大江戸風水因果律 花火2(おおえどふうすいいんがりつ)
 
 
大人気「花火」の最新作がいよいよ登場。今回の舞台は江戸。さらに美しくなった花火が、江戸の夜空をかざる。
 江戸を守護する東西南北の結界に、平将門の怨霊が現れた。関東最大の怨霊、将門の怨霊は、江戸に大震災を起こそうとしていた。君は陰陽師となり、江戸の7つのステージを巡り、将門の怨霊を江戸の町から追放するのだ。将門との戦いに勝つには、江戸の各地で気力をため、将門の分身たちを倒していく。将門との戦いに勝ち、得点を稼ぎ君がNo.1陰陽師であることを証明しよう。
対応ハード プレイステーション
価格 \1,500 (MAGICAL1500シリーズ)
周辺機器 デュアルショック対応
発売日 2001年2月1日
発売 魔法株式会社

創れる花火は一千億!
プレイステーション用花火打ち上げ
シミュレーションゲーム「花火」発売!

   
パソコン用花火打ち上げシミュレーションゲーム「花火職人になろう」で有名な魔法株式会社が、プレイステーション用花火ゲームをリリース。
ストーリー・百年たっても遊びきれない世界初の花火テーマパーク。なんと、オープン直前で花火師がいなくなっちゃたんだ!お願い!秘伝の星をあつめて、すごい花火を作って!あなたの花火でテーマパークをオープンさせよう!
価格 \1,500 (MAGICAL1500シリーズ)
周辺機器 デュアルショック対応
発売日 2000年12月7日
発売 魔法株式会社

gouka100.gif 打ち上げ花火シミュレーションゲーム
花火職人になろう2 プレイステーション2専用
標準価格 3,800円(税別)2003年6月26日発売(2002年7月に発売されたWindows版をPS2に移植!)
花火職人になろう・普及版 Windows95専用
標準価格 7,000円(税別)CD-ROM1枚組
花火職人になろう・豪華版 Windows95専用
標準価格 11,800円(税別)
Pentium90MHz、メモリ16M以上必要 CD-ROM3枚組
デジキューブPC 花火職人になろうの究極版2001年夏 Win95、Win98、WinMe専用
標準価格 2,480円(税別)2001年6月20日発売 販売元:株式会社デジキューブ
魔法株式会社
 
 現実には万人には作り得ない花火製作と打ち上げを、パソコンと画面の中で実現してしまう秀逸なシミュレーションゲーム。
 花火に関する監修は煙火業者の株式会社丸玉屋が行っており、内容は充実している。ゲームの基本は一流の花火職人を目指すプレーヤーが花火を製作、コンクールを勝ち抜いて賞金を獲得、工場を拡張しながら腕を磨き、いつかは師匠をこえる名人花火職人なるというもの。花火製作は実際の花火づくりを元にしているためリアルな作り込みが出来る。その分思い通りの花火を作るには、現実の花火作りにも通じる工夫と根気、時間が必要。
 豪華版の方はさらにゲームやクイズ、簡易打ち上げなどのモードが追加され、花火を詳しく解説するCD-ROMも附属、究極版は追加背景の「遊園地」、第1回・第2回の花火コンテスト受賞作品、魔法株式会社からのプレゼントプログラムも入っている。究極版はデジキューブ 扱いで、コンビニで低価格で買えるようになった。2003年には、待望のプレイステーション2に移植。

INDEXWhat's New?FAQJFN・花火万華鏡日本の花火をもっと知りたい花火カタログ花火用語事典花火大会INFORMATIONギャラリー花火讃歌花火撮影テクニックSHOPPINGHOT LIST(花火関連)